定期預金の金利と利率の比較で高金利キャンペーン活用術
退職金があるならば、群馬銀行の「退職金定期預金特別金利プラン」がおすすめです。

群馬銀行では、スーパー定期3ヶ月もので、店頭金利+1.05%上乗せとなります。

今現在、群馬銀行のスーパー定期の店頭金利は0.25%ですから、年1.30%です。3ヶ月なので満期まで短いですが、かなり良い利率で運用することができます。

ただし、群馬銀行の「退職金定期預金特別金利プラン」は、退職金が対象です。

ですから、申し込みする時は、退職金受取金額を確認できる資料を提示しなければなりません。

もちろん、この退職金定期預金というようなものは、群馬銀行だけのものではありません。

また、退職金定期預金だけでなく、その他にも金利優遇キャンペーンなどは実施されることがありますので、こういった機会を逃さずに定期預金をすれば、通常よりは良い金利で運用することができます。



もみじ銀行は、広島県を中心に店舗を広げる広島と密着している銀行です。

もみじ銀行では、その地域柄、プロ野球チーム「広島東洋カープ」を応援する定期預金があります。

この定期預金は、「カープV預金2008」といい、「広島東洋カープ」が3位以内に入ると、その順位に応じて店頭金利から金利が上乗せされるという仕組みです。

この定期預金は、もみじ銀行が広島の地域に浸透していることが伺える商品で、とても面白い企画です。

もみじ銀行などの地方銀行では、都銀よりもこういった一風変わった定期預金が見られます。

定期預金の金利が低迷している今、少しでも高い金利で運用したいと思うのは当然です。しかし、なかなか定期預金の金利は上がる気配はありません。

こういった面白い定期預金は、もみじ銀行だけに限りません。HPで検索したり、銀行の店頭窓口などで相談したりすると、良いものが見つかるかもしれません。