tyumokurank
Pickup 定期預金の金利ランキング 

定期預金の高金利はなに?

定期預金の金利ランキングをまとめていて私自身も気になったのは、日本振興銀行の定期預金の金利の高さです。

他の金融機関と比べてダントツに高い定期預金の金利の秘密はなんなのか?これについて少し独自のネットワークなどを用いて調べてみました。

すると面白い情報が出てきました。
それはもともと日本振興銀行は、中小企業の融資によるものを事業主体としており、通常の金融機関とは違ったスタイルをとっています。

また通常の銀行とは全く違い無駄を徹底的になくした業務効率を追求している為に、私達が普通にイメージする銀行の窓口と全く違うのが日本振興銀行の店舗窓口状況となっています。

その様子は訪れた人が口々にいう言葉はまるで消費者金融の窓口のように簡素な作りでかつ質素なビルに支店があったと言っています。

なぜこんな感じの銀行になっているのか?表向きには今までの銀行とは違い無駄を徹底的に省いているからと言っています。

でも、日本振興銀行の歴史を紐解くとその理由が分ってきます。

もともと消費者金融の資金元の卸金融を手がけていたノンバンクオレガの落合伸治が中心となり、アドバイザーに木村剛が入り、2004年4月21日に創業している背景があります。

つまり日本振興銀行のもともとは、消費者金融の資金元の胴元なのです。

いわゆるアングラーマネーのパイプ役となる会社の経営者が日本振興銀行の基盤を作った歴史があるのです。

そして、日本振興銀行の事業形態の特色は中小企業の融資を目的としています。

言い方を替えれば、銀行の姿をした消費者金融なのかもしれません。
またその日本振興銀行が恐喝事件で社会問題になり、破綻した商工ファンドの債権を買収して買取で引き受けています。

もちろん高い金利で貸し付けているので、日本振興銀行にとっては高い収益の期待できる債権と言えるかも知れません。

ただここで疑問なのは、なぜ商工ファンドのような消費者金融でも社会的に問題となったグレーな会社の債権を買い取ったのか?ここに疑問がありましたが、もともとの基盤が消費者金融の胴元だったと背景を考えれば、納得が行くような気がします。

また私の友人に、この商工ファンドから資金を借り入れて取り立てに追われながらも会社経営をしていた友人がいますが、彼は商工ファンドが破綻した事により、取り立てもなくなり静かな日々を過ごしているようです。

ここで疑問に思うのは、彼の債権は今だれが保有しているのか?
それは当然ながら日本振興銀行だそうです。

この日本振興銀行に債権が買われてからと言うもの、一度も取り立てがやってこないそうです。

もちろん、この事実は借金している人間にとっては嬉しい事ではありますが、日本振興銀行の経営を考えれば、一体なんのために商工ファンドの債権を買い取ったのか?いささか疑問です。

高い金利による収益を期待しての商工ファンドの債権買取であると簡単に想像できるのですが、肝心の債権の回収が全く機能していないようなので、金融機関としての収益をどうやって得ているのか?非常に怪しい所です。

つまり、高い定期金利を一般の預金者に支払い続ける安定した経営がなされているかどうか?というとかなり疑問に思われます。

また日本振興銀行の定期金利期間は1・3・5・10年と、あいだの期間が無いために、中途解約をすると「中途解約利率」が適用されて、普通預金より低い利子になります。

このようなリスクもありますので、日本振興銀行の定期預金が高いと言っても、リスクを考えた場合に本当に選択できる定期預金なのか?大いに検討する余地はあると思います。
以上、日本振興銀行についての評判でした。

また日本振興銀行についての会社概要や沿革については、こちらを見ていただければその歩んできた歴史なども分ると思います。

日本振興銀行についてwiki


banked at 23:01|Permalinkclip!
定期預金の金利はとても低いですが、時々、銀行は特別金利を設定したキャンペーンを実施します。

こういった特別金利キャンペーンに上手にのることができれば、通常よりも高い、特別金利を得ることができるのです。

定期預金は安心で確実な資産運用方法ですが、金利が低いことで、定期預金は上手な資産運用方法ではないと感じている人も多いようです。

しかし、こういったキャンペーンでは、その低い金利が特別に高く設定されるので、キャンペーンを上手に利用すれば定期預金でも上手に資産運用することができます。

定期預金特別金利キャンペーンは、セットで外貨定期預金や投資信託をしなければならないものが多いです。もし、自分に合ったものがあれば、これを機に始めてみても良いと思います。

ただし、外貨預金や投資信託は定期預金よりもリスクを負うことになりますので十分に理解したうえで購入することをお勧めします。




banked at 08:15|Permalinkclip!
ゼロ金利時代といわれ続けて何年か経ちますが、いつまで続くか誰にも検討が付きません。

高金利の定期預金などは夢のまた夢のような話です。

今は、年率1%というだけで、高金利のような気がしてきます。

こういう時代は特に、外貨の定期預金がとても高金利で魅力的に写ります。

しかし、外貨定期預金の高金利だけにひかれると、手数料や為替リスクで、元本割れしてしまう可能性もあります。

そういったリスクを負ってまで、高金利に飛びつく必要があるのか考えると、二の足を踏んでしまうのが現状ではないでしょうか。

定期預金の最大の魅力は、元本割れを起こさないというところにあります。

この魅力なくしては、定期預金の意味を果たしません。

いくら定期預金高金利でなくても、無駄遣いを防ぐ金庫代わりと思えばありがたいものです。


banked at 06:34|Permalinkclip!