tyumokurank
Pickup 定期預金の金利ランキング 

銀行の定期預金は?

銀行で預入れる定期預金。今は金利がとても低いので、他の資産運用を考える人も多いと思います。

今の円の定期預金の金利を、三井住友銀行から見てみます。

代表的な三井住友銀行定期預金、「スーパー定期」の金利は、1ヵ月〜3ヶ月は0.25、6ヶ月で0.27%、1年でも0.35%です。

満期の期日が長くなればなるほど金利は高くなりますが、最長の10年でも0.75%です。

三井住友銀行で金利を見ましたが、どこの銀行でもこの金利は大差ありません。
これほど金利が低いと、その他の資産運用方法を考えてしまうのは無理もないことです。

一方、外貨定期預金の金利を同じく三井住友銀行で見てみましょう。

米ドル1ヶ月が約1.33%、ユーロ1ヵ月が約2.45%などです。三井住友銀行ではその他にもオーストラリアドルや英ポンドなどの取り扱いもあります。

この様に、外貨と比較するとその差は歴然としています。ただし、外貨定期預金はリスクを伴いますので、リスク管理が必要です。



banked at 05:56|Permalinkclip!
定期預金の金利はまだ低いです。

三井住友銀行を例に見てみます。

三井住友銀行では、スーパー定期(300万円未満の定期預金)、スーパー定期300(300万円以上の定期預金)、大口定期(1000万円以上の定期預金)と、大きく三つの定期預金の種類があります。

そして、金利はどれも1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月は同じで0.250%。6ヶ月でようやく違いが現れ、大口定期が0.3%、残り二つは0.27%です。

これは三井住友銀行定期預金の金利ですが、どこの銀行もそれほど変わりはありません。

また、同じく三井住友銀行の普通預金の金利は0.2%ですから、定期預金をしてもあまり変わりがありません。

三井住友銀行では、定期預金と外貨定期預金か投資信託をすれば定期預金の金利が特別金利となる「資産づくりセット」というものもあります。

ほかの銀行でもこういったセット商品はありますので、定期預金の金利が低い今は、こういったものを上手に利用して資産運用すると良いと思います。


banked at 08:58|Permalinkclip!
銀行の定期預金の金利は相変わらず低いままです。

ゼロ金利時代といわれている今、定期預金の金利があがることはあまり期待できません。

定期預金はどこの銀行にもある商品ですが、その銀行だけの特徴的なものも存在しています。

しかし、比較してみても、金利はどこも大差ありません。

そこで、銀行では、外貨での定期預金をすすめられることがあると思います。

外貨での定期預金は、円と比較して金利がとてもいいので、とても魅力があるように思えます。

しかし、外貨の定期預金は、為替のリスクを負ってしまいます。ですから、元本割れを起こしてしまう可能性があるのです。

しかも、銀行で外貨の定期預金をすると手数料もかかります。

ですから、銀行の勧誘に簡単にのせられるのではなく、自分の目的に合うものをきちんと見極める目が必要です。



banked at 05:54|Permalinkclip!