tyumokurank
Pickup 定期預金の金利ランキング 

定期預金を解約するには?

定期預金の満期がきたら、なるべく早く、口座開設した支店へ行きましょう。

今後の資産運用もありますから、次の行動へ移るためにも、なるべく早く口座開設支店へ行くことをおすすめします。

また、定期預金口座解約する場合は、定期預金口座を開設した支店のみでしか取扱ってくれません。

ですから、定期預金口座を開設していない同じ銀行の支店では解約することができませんので注意が必要です。

どのような例外もなく、定期預金開設支店のみでの解約です。

もし、県外など遠くに引越しをする際などは注意が必要です。そういった場合は、満期時期にかかわらず、中途解約をしたほうが良いでしょう。

また、もし定期預金とセットなどで投資信託や外貨定期預金などをした場合は、定期預金のみの解約ということももちろん可能です。

そういった場合は定期預金のみの解約で、普通預金を稼動させておくことが多いようです。

もちろん逆に、投資信託や外貨定期預金のみの解約も可能です。




banked at 05:49|Permalinkclip!
定期預金を知っていますか?

定期預金はどこの銀行でも取り扱いがあります。この定期預金を知らない人もいないと思います。

定期預金は、元本割れすることのないとても優れた商品です。

定期預金の金利が低くても人気が高い理由は、この点に尽きるといっても過言ではありません。

定期預金は、1円からだれでも預入れすることができる商品で、預入れの際に満期の期日を指定する必要があります。

満期がくると、金利が上乗せされるという仕組みです。

定期預金は、基本的に中途解約できません。

やむを得ず中途解約する場合は、定期預金の店頭金利ではなく、中途解約利率が適用されることとなります。

ですから、中途解約しなくても良いように、きちんと管理することが大切です。

金利が低い時代だからこそ、中途解約などして金利を無駄にすることなく、上手に運用することが大切です。



banked at 05:29|Permalinkclip!
定期預金は、基本的に、満期がくるまで解約すべきではありません。

もし、満期前に解約しなければならないような状況になった時は仕方ありませんが、満期前に解約すると、その金利は受け取れません。

ですから、定期預金をする時は、今後のお金の計画をしっかり立ててから満期の年月を検討する必要があります。

しかし、今はゼロ金利時代といわれています。

定期預金を満期が来る前に途中解約して金利がだめになったとしても、それほど損害がでるわけではありません。

もし、良い投資先が見つかったりした場合は、定期預金解約してそちらに乗り換えるというのも資産運用として間違っていないと思います。

ただし、定期預金は、元本割れしないというのが最大の魅力ですから、投資をするにしても、リスクをきちんと把握する必要があります。

少しでも不安要素があるのならば、元本割れしない定期預金に寝かせておくほうが良いかもしれません。


banked at 07:00|Permalinkclip!