tyumokurank
Pickup 定期預金の金利ランキング 

退職金を定期預金にするには?

団塊の世代大量退職により、退職金が多く動きます。そのため、どこの銀行でも退職金を対象とした金利優遇定期預金などがあります。

こういった退職金を対象とした金利優遇定期預金は、店頭金利から金利を上乗せしてもらえるので、通常の定期預金よりも有利に運用することができます。

しかし、この金利優遇を受ける為には、必ず資産が退職金である必要があります。退職金でない資金の金利優遇は、銀行が不定期に行うキャンペーンに注目しておくと良いと思います。

キャンペーンでは、退職金にかかわらず、円定期の金利を優遇する商品はよく見ることができます。

ただし、300万円以上といった条件や、外貨定期預金や投資信託と円定期預金を抱き合わせることにより、その円定期預金の金利優遇など、種類は銀行によってさまざまです。

自分に合った商品を、無理のないように運用することが大事です。



banked at 10:12|Permalinkclip!
団塊の世代の大量退職により、退職金の資産運用方法に注目が集まっています。

そういった退職金向けの特別金利を設定している定期預金をよく見かけます。

それは、退職金だけに適用される特別金利で、通常の定期預金よりもよい金利が設定されています。

ですから、定期預金にする資産が退職金であるという証明も必要になってきます。

退職金をどのように資産運用するか迷うところではありますが、特別金利定期預金はそのときにしか利用できません。

ですから、一度退職金特別金利定期預金に預け入れして、満期が来るまでにゆっくり次の資産運用方法を考えるという方法もあります。

退職金は少なくない資産ですから、特別金利などで上手に運用すれば、無理なく資産を増やすことができます。

定期預金の金利は今とても低いので、退職金特別金利はとても魅力的です。

定期預金は元本割れすることもないので、安心して預け入れすることができます。


banked at 07:29|Permalinkclip!
団塊の世代の退職により、銀行の定期預金もその退職金定期預金にしてもらおうと特別な金利を設定しているところも多いようです。

退職金で多くの資産を手にしたら、その一部は安全に元本割れすることのない定期預金に預けようとする人が多いようです。

退職金の資産運用に迷ったら、まずは退職金専用の定期預金に預け入れるというのもいいと思います。

退職金専用の定期預金ならば、通常の定期預金よりも金利が高く設定されていますし、満期の期間を選ぶことができます。

ですから、とりあえず確実で安心な定期預金をしておくというのも良い選択肢の一つといえます。

せっかくの退職金ですから、上手に資産運用したいものです。

定期預金ならば、満期がくれば元本と利息を確実に受け取ることができます。

金利が高くはありませんが、安全に、確実に資産を増やすのならば定期預金が最適です。


banked at 12:10|Permalinkclip!