tyumokurank
Pickup 定期預金の金利ランキング 

定期預金の時効とは?

定期預金時効があるのを知っていますか?

定期預金の満期が来たのにも関わらず、それを解約などの措置をとらず、放置したまま10年経過すると時効となり、銀行の払い戻し義務はなくなるのです。

時効となった定期預金の資産は、銀行のものとなってしまうのです。時効がきてしまうと、もうどうすることもできません。

定期預金の仕組みはわかっていても、時効があるというのを知らなかった人は意外に多いようです。

特に注意しなければならない定期預金は、自動継続型のものです。

自動継続型は、満期がくると、またそのままその資金を定期預金として自動継続する仕組みのものです。

何年も自動継続をしていると、そのうちに忘れてしまうという可能性もあります。

この時効は、最後の自動継続で満期になった時から10年ですが、くれぐれも忘れないように注意が必要です。

不安な人は、自動継続定期預金はしないほうが良いかも知れません。


banked at 06:09|Permalinkclip!
定期預金を知らない人はいないと思います。しかし、この定期預金時効があるということを知っていますか?

定期預金の時効」とは、聞いたことがない人の方が多いのではないでしょうか。では、この「定期預金の時効」とは一体何なのでしょうか?

定期預金の時効」とは、定期預金が満期になったのにも関わらず、解約などの措置をとらずにそのまま放置して10年経過してしまった状態のことです。
これが「定期預金の時効」です。

この時効が過ぎてしまうと、銀行に払い戻しの義務がなくなるのです。つまり、定期預金消滅してしまうということです。消滅してしまったら、もう対処の仕様がありません。

定期預金の時効とは、定期預金の消滅を意味します。
定期預金消滅する前に解約などの手続きをとりましょう。

せっかくの資金が消滅してしまうことのないように、満期日はしっかりと把握しておくことが必要です。



banked at 06:43|Permalinkclip!
私たちが身近にしている定期預金

この定期預金時効というものがあるというのを知っている人は少ないのではないでしょうか。

そもそも、この定期預金時効とは一体何なのでしょうか?

定期預金時効とは、定期預金が満期になってからそのまま放置して10年経過すると、銀行に払い戻しの義務がなくなるのです。

ですから、定期預金が満期になったのにも関わらず、それを放置したままうっかり10年経過してしまうと、時効が訪れ、銀行のお金になってしまうのです。

以前、自動継続の定期預金の支払いを求めて、裁判になったことがありました。

銀行の時効の主張は最初の満期がきてから10年というものでしたが、それならば自動継続の意味がありません。

そういったことから、裁判長は時効は最後の満期がきてから10年だとし、提訴した男性が勝利しました。

せっかくの定期預金時効で銀行のお金になってしまわないように注意をしておかなければなりません。


banked at 06:02|Permalinkclip!