tyumokurank
Pickup 定期預金の金利ランキング 

その他定期預金情報

今の定期預金の金利は期待できるほど付いてはきませんが、その定期預金の金利にも、税金は付いてきます。

定期預金税金は、一律20%で、「源泉分離課税」というものが適用されます。

この税金は、決められた手続きをすれば、障害者などは「利子非課税制度」というものが適用され、税金がかかりません。

ただし、この適用があるのは元本が350万円までの利子についての税金なので、それ以上は適用外となります。

また、「老人マル優制度(少額貯蓄利子非課税制度)」いわゆる「マル優」ですが、これは65歳以上の高齢者を対象とした制度で、非課税扱いでした。この「マル優」と、「特別マル優制度(少額公債利子非課税制度)」は、平成17年末で廃止されています。

ですから、もし定期預金の金利の計算をする場合、定期預金の金利表示は税引き前のものですから、必ず税金の20%も考慮しなければなりません。



banked at 07:39|Permalinkclip!
定期預金は金利が低い今でも人気のある商品です。それは、定期預金が元本保証商品であると言う点がおおきな理由の一つです。
しかし、できることなら少しでも金利は高いほうが良いです。

そろそろ退職を迎えようとしている人には、今は退職金向けの特別金利定期預金などが数多く出ていますので、こういったものを利用すると通常よりも有利に運用することができます。

静岡銀行では、「セカンドライフの特別定期」と題してキャンペーンが行われています。

またさらに、静岡銀行では新社会人向けのキャンペーンも行われています。そして、静岡銀行では人気の定期預金、「宝くじ付き定期預金」も取扱っています。

この静岡銀行のようなキャンペーンは、どこの銀行でも比較的多く出されているので、どの銀行で定期預金をするか、比較検討してみる価値はあると思います。

キャンペーンの時期や内容はは、静岡銀行を始め、各銀行のHPでも確認することができます。



banked at 05:57|Permalinkclip!
ある程度のまとまった資産があり、しばらくは使う予定が確実にないという場合は、普通預金に入れたままにしておくのではなく、定期預金にしたほうが有利です。

定期預金にしていても金利が低いから意味がないというのは間違いです。普通預金定期預金よりも当然金利が低いので、運用に向いてはいません。

小額な資金でも、普通預金よりも定期預金に預入れしておけば、普通預金よりは高い金利がつきます。

少しの金利と思っても、それを軽視すると、資金はいつまでたっても貯まりません。

また、普通預金に入れたままにしておくと、いつでも引き出せるので、ついつい使ってしまうという人にも定期預金はおすすめです。

定期預金にしておけば満期がくるまでは引き出しはできません。ただし、どうしても必要な場合は途中解約ができますが、その場合は中途解約金利が適用され、定期預金の金利は適用されませんので注意が必要です。



banked at 05:47|Permalinkclip!
「定額貯金」という金融商品を知っていますか?
この「定額貯金」とは、ゆうちょ銀行の代表的な商品です。

この定額貯金とは、6ヶ月経過すれば、出し入れが自由となり、半年複利で利息を計算してくれますので、お得に運用することができます。

また、3年までは6ヶ月ごとに段階的に金利が変わります。なお、満期となるのは10年後で、預け入れ金額は1000円からとなっています。

定額預金は、ゆうちょ銀行だけの取り扱いで、一般の銀行での定額預金はありません。

この定額貯金は、定額預金と間違える人が多いようです。混乱しますが、定額預金ではなく、定額貯金が正しい名前です。定額預金というものはありません。

ブログ等で定期預金と書いているのをしばしば目にしますが、郵便局での取扱いですので、定期預金を定期貯金と言うのと同様、定期預金ではなく、定期貯金といいます。

定期預金の金利は今どこも低いので、どこの銀行で定期預金をしても変わりません。定期預金の金利上昇にも期待ができませんが、定期預金が元本保証商品という点で、人気が高いようです。


banked at 06:17|Permalinkclip!
七十七銀行は、宮城県を中心としている代表的な銀行です。

また、七十七銀行は、宮城県の仙台市を始め、県内の大半の市町村の指定金融機関です。

さらに、仙台市の全ての公営企業の出納取扱金融機関も七十七銀行です。

つまり、ほとんどが七十七銀行を指定しているので、宮城県、特に仙台市では七十七銀行に口座のない人は少ないでしょう。

こういった、取引の多い銀行が明らかにある場合は、定期預金をする場合もその銀行ですることが望ましいでうす。

定期預金は解約する時は必ず口座を開設した支店でなくてなはなりませんし、取引が多くなればその分、特典が付いてくる場合が往々にしてあります。

先述した七十七銀行では定期預金は対象商品ではありませんが、自分が取引の多い銀行のサービスを見直してみる必要はあります。

定期預金の金利は今とても低迷していますが、それでも定期預金の人気が高いのは、元本保証というのが最大の利点だからです。



banked at 07:13|Permalinkclip!
インターネットをする人ならば、「wiki」を知っていると思います。「wiki」とは、「wikipedia」ウィキペディアのことで、誰もが書き込みできるネット上のフリー百科事典です。

金融商品についても、wikiにはさまざまな情報が載っています。

元本割れすることのない定期預金は人気ですが、定期預金の内容は意外にも多種に及んでおり、wikiでは簡単な記載しかありません。

また、wikiは誰でも自由に書き込みすることができるので、事実とは異なる内容のこともあります。

定期預金で上手に有利に運用しようとするならば、wikiを読むよりも、各銀行のHPやパンフレットなどで商品の内容をしっかりと把握することが必要です。

定期預金にリスクはありませんが、内容はきちんと把握し置かなければなりません。定期預金の金利は、少しでも高いほうが良いので、銀行独自の定期預金や、不定期に行われるキャンペーンなどにも注目して調べてみるとよいと思います。



banked at 05:24|Permalinkclip!
銀行の定期預金の利点は、金利が付き、元本保証があるというだけではありません。

定期預金を、総合口座の担保とすることができるのです。総合口座とは、普通預金、定期預金が一つの口座で取引できるようにしたものです。

では、定期預金を総合口座の担保とは、どういう意味なのでしょうか?

定期預金担保にした場合、その総合口座の中にある普通預金で、普通預金の残高を超えて払い戻しがあった場合や、口座振替があった場合、不足額を自動的に融資してくれるシステムです。

わかりやすく言うと、普通預金の通帳残高がマイナスになることができるのです。定期預金担保にしていなければマイナスにはなりません。

また、普通預金に入金があると、自動的に返済となります。

うっかり引き落としを忘れてしまうことが多い人は、定期預金担保に総合口座を開設すると便利です。



banked at 07:28|Permalinkclip!
定期預金をすると、満期がくるまでがとても待ち遠しく感じます。今の金利は低いので、あまり大きな金利は期待できませんが、それでも嬉しいものです。

定期預金金利計算をしたことがありますか?
金利計算は、意外に簡単です。

例えば、わかりやすく100万円を基準に考えて見ましょう。
100万円を金利0.25%の定期預金に3ヶ月預入れしたとします。
3ヶ月と言っても、30日であったり、31日であったりする上に、満期日が日曜だったりする場合があります。

その場合は、きちんと日数で計算することが必要です。ですから、自分の満期の時期によって何ヶ月か、よりも何日かを把握してから計算することが必要です。

ここでは、簡単に90日預け入れしたとします。

この定期預金金利の計算式は、100万円×0.25%=2500円

ここから、税金が20%引かれます。

ですから、最終的に利息は2500円×0.8=2000円となります。

以上で計算は終わりです。

定期預金の利息の計算方法を知っておくと便利です。



banked at 09:57|Permalinkclip!
金利が低い今、銀行で不定期に行われるキャンペーンに注目しておくと、有利な定期預金などがあります。

こういったキャンペーンの中でも、人気が高いのが「宝くじ付き定期預金」といわれるものです。

この「宝くじ付き定期預金」とはどんなものなのでしょうか?

宝くじ付き定期預金は、定期預金をする金額によって宝くじがもらえるというものです。

金利は、店頭金利のままのところもありますし、店頭金利からさらに金利が上乗せされる場合もあります。金利が上乗せされた上に宝くじ付きのものは、とてもお得な商品です。

宝くじ付き定期預金のキャンペーンは、「サマージャンボ宝くじ」や「年末ジャンボ宝くじ」などの「ジャンボ宝くじ」の時期に合わせて行われることがほとんどです。

資本金が大きければ多いほど宝くじがたくさんもらえますし、利息もたくさんつきます。



banked at 06:37|Permalinkclip!
JAバンクを知っていますか?

JAバンクとは、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成するグループの名称です。

この中の「JA」とは、農業協同組合のことで、「信連」とは、JA系統信用事業の都道府県段階の連合会組織。「農林中央金庫」とは、農業協同組合(JA)、漁業協同組合(JF)、森林組合(森組)等の出資による協同組織の全国金融機関のことです。

このJAでも定期預金の取扱いがあります。
JAの場合は定期預金ではなく、厳密には定期貯金です。
JAや郵便局では定期預金を定期貯金と言います。

定期預金は銀行での用語です。

定期預金と定期貯金は、言葉の意味は厳密には多少異なるものの、行っている内容は同じです。

定期預金は、確実で安心なものです。今は金利が低いですが、元本割れしないという最大の利点から、根強い人気があります。

JA定期貯金もそのうちの一つです。



banked at 05:55|Permalinkclip!